指紋がついた窓ガラスの汚れ除去方法

指紋のついたガラス

ゴールデン・レトリバーの性格は温和で賢く忠誠心もあるため、大型犬を飼える環境にあるなら是非お勧めしたい犬種だ。うちでは代々犬を飼っているが、今飼っているゴールデンのポン子は、おとなしいけど愛嬌があり本当に可愛らしい。思春期に入ってからというもの、私にはすっかり関わろうとしなくなった娘に代わり、毎朝私を玄関先で見送り、更にリビングの窓辺に移動し、窓ガラスに鼻先をくっつけて私の姿が見えなくなるまで見送ってくれるのだ。帰宅時も同じ。私の姿が見えているのか、随分前から窓ガラスに鼻をつけて私の帰着を待っている。

週末の天気の良い日にその窓ガラスを見ると、ポン子の鼻水だかよだれだかわからないもので汚れていることに気が付くので、そこは妻ではなく、私が責任を持って窓ガラス掃除をするのだ。しかしポン子のつけた汚れは、案外簡単に落ちる。洗剤などがなくたって、水で濡らした布で軽くふけば、水溶性の汚れだからすぐに落ちる。

案外やっかいなのが、いつついたかわからない、指紋がついた窓ガラスの汚れだ。何度かポン子のつけた窓ガラスの汚れを掃除するうちに、実は取りきれていない汚れがあるこに気が付いた。それが指紋。手垢というやつだ。これが案外やっかいで、水拭きなどでは落ちなかった。

そこで指紋がついた窓ガラスの汚れ除去方法として、初めて洗剤が登場する。市販のガラスクリーナーなどは、案外汚れが落ちないと聞いていたので、私が用意したのは台所にある食器洗い洗剤。洗面器にはったお湯に洗剤を数滴落とし、雑巾ではなくメラミンスポンジで軽く泡立てる。そのまま指紋が気になる部分をくるくる軽くこするのだ。メラミンスポンジはそのままでも汚れ落としの効果はすごいが、洗剤をつけてやることで逆に摩擦を少し弱め、ガラスを傷つけにくくするような気がする。最後は雑巾で、洗剤もろとも汚れを取り去ってしまう。綺麗さっぱり仕上がるのだ。