車の窓は雨によって1日にして汚れてしまう

車の窓

雨の日の運転は視界が悪くなってしまうので嫌ですよね。しかし用事でどうしても運転しなくてはいけない日も出てきます。また屋根のない青空駐車場に車を停めている方は、雨の日でも外に車を置いておかなくてはいけません。

雨が降ると車の窓がかなり汚れることをご存知でしょうか?車の掃除の時もそうですが、水で流しながら汚れを流していきます。

その後きちんとタオルでついた水滴を拭き取るのですが、これをやっておかないと水滴が車のボディやガラスに残ってしまって、そのままの状態で乾いてしまいます。これが汚れの原因になるのです。

しかも雨の日は、車のボディについている汚れが雨によって流れてきますので、それがガラスに付いたまま乾いてしまうと、窓ガラスが汚れます。

たったの一日でも雨がふっただけで窓ガラスがかなり汚れるのです。

汚れがひどいと次に運転をするときに視界が悪くなってしまいますので、運転前に窓ガラスを掃除する必要が出てきます。

私も青空駐車場に車を停めていますので、雨あがりの車の窓ガラスの汚れには悩まされていました。毎回掃除をする時間を取れないので、いろいろ調べてみてコーティング剤を使うことにしたのです。

これを窓ガラスに塗っておくだけで水や汚れをはじいてくれるのです。おかげで雨あがりの後でも窓ガラスに汚れがつきにくくなりましたし、雨の日でも水のはけがよくなったので運転しやすくなりました。