窓ガラスの修理に保険は適応されるのでしょうか?

修理の保険

窓ガラスが割れるトラブ体は、それほど珍しいことではありません。しかしこのトラブルに対応できる保険はあまり知られていません。住宅を購入する際、さまざまな保険に加入することも多いと思いますが、火災保険もそのひとつです。そして窓ガラスの破損トラブルを保証してくれるのは、この火災保険がメインになるのです。
火災保険というと火事の被害に対してというイメージが強くありますが、実際さまざまなケースに対応しているものです。そもそも火災保険にもさまざまな種類があり、適用範囲もまちまちです。たとえば地震によって発生したあらゆる被害の大部分は、火災保険によって保障されません。地震に火災は付きものですが、その火災の被害は火災保険では保障されないというわけです。同じように、津波で発生した被害も保障対象外です。地震による被害を補償範囲に適用するためには、別途地震保険に加入しておく必要があります。地震保険は火災保険のオプションであることが多く、火災保険の適用範囲を拡大するものという位置づけなのでしょう。

詳しくはこちらの記事へ
→ 壊れた窓を掃除する時は気をつけよう

逆に一見すると火災保険の適用範囲に入っていないようなものの中にも、実際には火災保険が適用されるトラブルがあります。窓ガラスの破損はその代表的なもので、保険の種類にもよりますが、たとえば台風による飛来物によって窓ガラスが破損してしまった場合、多くの火災保険が適用されることになります。子どもたちが遊んでいて、間違って窓ガラスを割ってしまった場合でも、火災保険がカバーしてくれるというのは、実はよくあるのです。
しかし実際には火災保険が適用されることを知らず、せっかく保険料を払っているのにそれを使わない人が多くいうことは間違いありません。保険会社も積極的にそのことを伝える姿勢はないようです。
窓ガラスが割れてしまった場合、それが地震による被害でなければ、まずは火災保険が適用されないかどうかを検討する必要があるでしょう。